医療や福祉の資格について

医学の発達によって我が国ではさまざまな病気の治療ができるようになっています。
それと同時に専門職に就く人が多くなっていると言うことも大きく影響しています。
そのために医療や福祉の資格を取得しているという人が多くなっています。
実際にどのような資格があるのかというと、保健師というものがあります。
保健師は地域に密着した業務を行っています。
地域住民の健康管理のサポートを行っています。
また助産師という仕事もあります。
これは産婦人科などで新しい生命の誕生の手助けを行ったり、妊産婦のさまざまな相談を受けるという業務を行っています。
また薬剤師に関しては薬の管理や調剤を行うという薬の専門家となっています。
看護師は病院などでの看護の専門家となっています。