医療や福祉の資格について

高齢化社会を迎えている我が国では、医療や福祉に関する仕事を行っているという人が多くなっています。
その中で専門的な資格を持っているという人がたくさんいます。
実際にどのような資格があるのかというと、社会福祉士というものがあります。
これは高齢者や障害者の相談を受け付けたり援助の専門家となっています。
また介護福祉士という仕事もあります。
これは高齢者や障害者の介護を行ったり、実際に指導を行ったりという仕事となっています。
手話技能検定というものもあります。
これは聴覚障害者とのコミュニケーションを取るために設けられている検定となっています。
保健医療ソーシャルワーカーというものもあります。
これは高齢者や障害者などの相談や援助を行う福祉の専門職となっています。